ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

曼珠沙華の花

c0078592_2150173.jpg
 毎年決まったようにお彼岸頃に生えてくるから、「彼岸花」とも呼ばれているこの「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」の花

 その他にも呼び方はたくさんあるようで異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもあるそうですが、反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆し とされることもあるらしいです。
 赤のほかには「白、黄色」の花弁をもつものがあるそうで、また、日本での別名・方言は千以上が知られていると言われています。
[PR]
by mitikusak | 2012-09-29 22:06 | 季節物語
c0078592_18535071.gif

 三越のハロッズの2012年イヤーベアチェスターテディベアのぬいぐるみを私の孫に買い、コートと共にプレゼントしました。
[PR]
by mitikusak | 2012-09-29 19:10 | 観察
c0078592_18183558.gif
 我が家のオキスズが色づき始めたのです。
 赤いスイカみたいな縞模様をつけて、第一号のオキスズちゃんが実っていました。
[PR]
by mitikusak | 2012-09-29 18:23 | 季節物語

琥珀の珈琲

c0078592_17155356.jpg 
 昭和の文豪「三島由紀夫」の愛した逸品、琥珀の珈琲を復刻したといわれ、「幻の珈琲」と名付けられた珈琲が限定で戴けるお店があります。
 

 その三島由紀夫が好きだった珈琲を味わえるお店が、この藍住茶房です。

c0078592_1718378.jpg


 独自の芳ばしさと温度が下がるにつれて甘みが増してくるという不思議な珈琲を、戴くことにしました。





c0078592_17501039.jpg





 低温抽出することにより、苦み、酸味を抑えて甘みも引き出してあったのです。低温抽出というだけに、珈琲の色は紅茶に良く似た色でした。でも、味はやはり珈琲









c0078592_1752353.jpg

 3杯はお変わり出来るこの珈琲、500円では割安かもしれません!
[PR]
by mitikusak | 2012-09-27 17:57 | 今日のお気に入り
c0078592_11204447.gif

3っつ目のさるぼぼのつるし雛を作りました。
[PR]
by mitikusak | 2012-09-27 11:23 | プライベート

懐かしい収穫の風情

c0078592_16502738.jpg

 「はで」に掛けられ刈り取って干されている稲は一段と味が良くなるという。
 たぶん自宅で食べるために天日干しで2週間ほど干すのだろう。


 かつては「はで干し」という方法によって、太陽の陽をいっぱいに浴びた干し方で稲を乾燥させる、こんな農家が機械化も進み、だんだん減ってきている今日である。
[PR]
by mitikusak | 2012-09-26 17:05 | 季節物語
c0078592_0263210.jpg
 「川面を眺めながら……珈琲専門店 フランセ蔵」でお昼をここで取る事にしました。
 チョッと贅沢かもしれません・・・
 以前はここの東にある「蕎麦堂真」さんに来ていたのですが今回初めてきました。
c0078592_0341756.jpg
1階は駐車場で店舗一階の階段付近が空いていたので車はそこに駐車して、階段を上ると2階の店舗へ。
元気な「いらっしゃいませ~」の声に迎えられました。



c0078592_194615.jpg
 
 川面を見つめられるベンチシート(窓に向かって座れます)に座りました。
 隣はボックス席になっており個室でした
 





c0078592_038025.jpg
窓の外は一面の川(新町川)!少し曇っていましたが、水辺の景色というのは、
眺めているだけで心が洗い流される感じがしますした。そして、川の流れを見ていると船にでも乗っているような感覚にとらわれて、なんだか大きな船にでも乗っているような感じでした。

c0078592_0434116.jpg

 蕎麦ちょこ(ざるそばを食べるときのつゆが入った陶器)で出されるお水を飲みながら、ゆったり気分で座って、私たちは今日のランチを待っていました。



c0078592_0252396.jpg


 川面に目をやると新町川には、お客さんを乗せた「ひょうたん島クルーズ」の一艘の船が過ぎて行きました。




店名 川の見えるカフェ フランセ蔵
[PR]
by mitikusak | 2012-09-26 00:57 | 食事
c0078592_223822.jpg
 9月22日(土)徳島県板野郡藍住町 「稲次整形外科病院隣接」に併設されている医療法人凌雲会 老人保健施設に、徳島県出身の4代目天光軒満月さんが来場され、1時30分から1時間の講演をされました。

c0078592_232769.jpg
 たくさんのその施設である「昴」や関連施設の「凌雲会」から利用者の方方が大勢詰めかけ、その広い会場はいっぱいになりました。





c0078592_242689.jpg
 満月さんは得意の長い持ち歌である「空海一代記」、「直江兼続・おせん」等、この施設の利用者ひとりひとりと握手をしながら、数曲を歌い上げ、会場に詰めかけた方方から大きな拍手を戴いていました。

c0078592_2375798.jpg
 この「空海一代記」は2012年5月26日・27日に、徳島市東新町アーケード&ボードウォークで高野山真言宗青年教師会が主催した、「ごっついええでよ高野山in徳島」が開催された際にも歌われました。その時私もその場にいたのですが、その感動は忘れません!

c0078592_2103178.jpg
 その歌唱力は見事なもので、全国の福祉施設をお年寄りに喜んで戴く笑顔を見るのが好きと、東日本震災の時も駆けつけ被災され方方を勇気づけるために、現在もなお、あちこちの施設を今も飛び廻っている正に行動力に長けた素晴らしい方です。

c0078592_10134252.jpg

 そして、彼はその栄誉を称えられ、今年2012年5月8日に、大阪府知事から多年の文化芸術の功労に尽力されたということで、受賞されたということです。

 また、9月には1週間程、世界で一番幸せな国ブータンに行って来られたと語っていました。その後また中国西安に再び行かれるそうです。
 村田英雄・三波春夫の唄も大変上手で、最後には村田英雄の「皆の衆」を、最後に皆さんで唄って彼の講演は終わりました。
[PR]
by mitikusak | 2012-09-22 20:48 | 今日のお気に入り
c0078592_9392080.gif

イブばあちゃんは11月18日生まれで、もうすぐ18歳になります。
少し歳のせいか最近食べたのも忘れる歳頃となりました。(ー_ー)!!
朝晩、糖尿病の注射を受けに2年半通ってきました。
おまけに白内症を患い、腎臓に石を2つ大切に持っています。(>_<)
お嫁にも行かずだったけど、一緒に最後まで頑張ろうね!(*^。^*)
[PR]
by mitikusak | 2012-09-15 09:45 | 今日のお気に入り

我が家のオキスズちゃん

c0078592_9183569.gif

 今年のオキスズちゃんはたくさんスイカの赤ちゃんが種をつけています。
 そして、赤く実るのを、私たちはすごく楽しみにしています!(^_^)v
[PR]
by mitikusak | 2012-09-15 09:24 | はな紀行