ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

第9回香川脳外傷リハビリテーション講習会

 先日、平成25年12月8日の日曜日、香川県にあるサンメッセ香川2階会議室に於いて、かがわ脳外傷友の会のお世話で、支援をつなげよう高次脳機能障がい者の支援ネットワークを考える~が開催されました。
c0078592_0424878.jpg

 当日はコーディネーターとして徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部の地域医療福祉学分野先駆けとなられている、白山教授が進行役を務められ、高次脳機能障がい者の地域生活支援~連続したケアの実現のために~という基調講演をされました。
c0078592_0585193.jpg

 続いてシンポジウムに移り、香川大学医学部付属病院脳神経外科の河井准教授が香大での取り組みを話されました。その後支援コーディネーターの森川氏、生活訓練生活支援員の北村氏の両氏が職場での支援についての内容ついて紹介されました。
 また、かがわ脳外傷友の会「ぼちぼち」会長の岩部氏は、自らの体験談を話され、思わず涙を誘う方も多くありました。私もその一人です。
c0078592_0564896.gif

 車での事故が増えている現在、何時誰が予期せぬ交通事故により高次脳機能障碍になるかもしれません。 そういった中で、かがわ総合リハビリテーション成人支援施設の紹介の中で感じたことは、香川県や他県は自県と比べると、就労移行支援や自立支援(機能訓練・生活訓練)の担当をされている方々も多く、支援施設の充実さは素晴らしいものだなあと羨ましく感じました。
[PR]
by mitikusak | 2013-12-09 23:45 | 高次脳障碍