ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

土御門上皇終焉伝説の地 御所神社

c0078592_2235913.jpg

 土御門上皇終焉伝説の地と御所神社の石碑があります。
c0078592_2241962.jpg

 徳島県現板野郡内(旧鳴門市・阿波市)に皇室にまつわる哀しい話があるらしく、今から約800年前に承久の乱の後、後鳥羽上皇は隠岐に、弟順徳天皇は佐渡へ、そして土御門上皇は土佐へと、土御門上皇は後に阿波国に遷り、嘉禄3年(1227)吉田の御所屋敷に行宮を営まれて、都や隠岐のことども偲ばれつつ歳月を過ごされたと言われています。
 そして、實喜3年(1231)37歳にして、この地で崩御されたと伝えられています。
c0078592_2245917.jpg

 御所神社の祭神は土御門上皇
 神社由緒記と略系図が掲げられています。
c0078592_224387.jpg

 御所神社の右奥にあるのは、上皇について流れてきた、間野右近(まのうこん)と宇野左近(うのさこん)を弔うために建てられた・・・???
c0078592_1022535.jpg

 赤い橋の上から谷川の中に見える大きな石、それが「御腹石」で、その石の上で上皇は自ら命を絶ったとされているようです。
c0078592_2253391.jpg

鵜の田尾峠 
【803】うのた峠 阿波市の民話より
 とんと昔、あったと。
 宮川内谷(みやごうちだに)辺りには土御門上皇の話が多い。
 間野右近(まのうこん)、宇野左近(うのさこん)も都から上皇について流れてきた侍じゃった。二人は上皇が 自害した後、阿讃の国境まで逃げてきたが、討っ手が迫ってきたんで、ここで自害して果てた。
 在所のもんは哀れに思うて、二人の墓を建ててやった。ほれから、この峠を二人の苗字から「うのま峠」ちゅうようになった。ほれが、いつの間にか「うのた峠」となってしもうた。

 そういった事から、これが徳島県と香川県の県境の「鵜の田尾峠」の始まりだとも「板野郡誌」ではいわれています。

 土御門上皇終焉伝説の地 阿波市土成町宮川内相婦70
[PR]
by mitikusak | 2013-12-02 23:36 | たび日記

私のゆったり生活


by mitikusak