ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

菊芋

 食感は、ジャガイモやレンコンを炒めた時の食感で、主成分は多糖類イヌリンを含む食物繊維であり、生の菊芋には13-20%のイヌリンが含まれるという「菊芋」別名はアメリカイモ、ブタイモと呼ばれているそうです。
 菊に似た黄色い花を9-10月につけ、10月末に地中に塊茎を作るからその名がついたのでしょうか?
c0078592_15494494.jpg

 塊茎を食用とするためか、腸の働きを活発にしてくれ、しかも低下カロリーだということで上勝で買って帰り、妻が調理してくれました。
 3つに分けて、3分の1は味噌漬け
c0078592_1554390.jpg

 菊芋をよく洗い皮を剝き、スライスしたものを、お味噌にハチミツを適量に入れたものと一緒にあわせて作ります。
大変美味しくておすすめです。ぜひ作ってみて下さい!
c0078592_15111892.gif

 残りの3分の1は、ハチミツを使った甘酢漬け
c0078592_15545942.jpg

 残った3分の1はカレーか味噌汁、シチュー、牛乳煮、バター焼き、フライ、スープ、煮物、天ぷらなどいろいろ使い道があるようです。
 この菊芋はプーンと薬草の香りがしていました。最近この菊芋のイヌリン効果が見直されて盛んに糖尿病の方やダイエットで悩まれている方に喜ばれているようです。
[PR]
by mitikusak | 2013-11-12 16:23 | 季節物語