ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

「和になる 気になる展」が高松田町で

 ここは高松田町商店街を南に過ぎようかとする手前にある「Fine Art 21」 という貸ギャラリー
c0078592_19423452.jpg

 そこのギャラリーで現在、讃岐の漆芸2人、阿波の本藍染、伊予の砥部焼。四国の若手工芸家達4人により、日常使いのできる和の品が持ちよって、コラボ展を開いていました。
 漆芸は小笠原幹さんと泉谷麻紀子さん
 本藍染は本藍染矢野工場さん
 砥部焼は矢部沙耶花さん
c0078592_19525942.jpg

 このギャラリー入り口には「剣山」を表現する「本藍染矢野工場」から出展されている、素晴らしい藍染作品が掛けられています。
 ギャラリーに入ると、あのNHKの大河ドラマ「八重の桜」のオープニングに使用された、あの美しい本藍染で染められた桜のタペストリーが掛けられておりました。
 この期間中に来られた方は、その見事な実物を、ご自身の目で見ることが出来ます。
 是非この機会に行って見て来て、話のタネにしてください。(#^.^#)
c0078592_20163588.jpg

 この集いは「みんなが和やかになる、気になる品との出会い」がテーマのようです。 作家達による楽しいギャラリートークが開かれていました。
c0078592_20204580.jpg

 作品展は8月8日(木)から1週間の予定で開かれていたようで8月13日(火)には最終日となります。
c0078592_30398.jpg

 そして、その場では素晴らしい作品が展示即売されており、手に入れることが出来ます。
[PR]
by mitikusak | 2013-08-11 20:22 | ギャラリー

私のゆったり生活


by mitikusak