ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

伊弉諾(イザナギ)神宮

c0078592_16203655.jpg

 伊弉諾(イザナギ)神宮は淡路市多賀740にあり、古事記・日本書紀の神代巻に創祀の記載がある最古の神社です。





c0078592_16405229.jpg
 国生みに始まるすべての神功を果たされた伊弉諾大神が、御子神なる天照大御神に国家統治の大業を委譲され、最初にお生みになられた淡路島の多賀の地に「幽宮」を構へて余生を過ごされたと記されていました。
c0078592_16425623.jpg
 本殿の位置は、明治時代に後背の御陵地を整地して移築されたもので、地元では「いっくさん」と別称されており、お正月ともなれば歩くことも出来ないくらい人でにぎわうのです。

 日少宮・淡路島神・多賀明神・津名明神と崇められているということでした。
c0078592_16433831.jpg
 この放生の神池や背後の湿地はこの周濛の遺構と呼ばれ、幽宮跡の御陵を中心に濠があったと伝えられて言われています。命乞いに鯉、快癒の報賽に亀を放って祈願する慣習があるようです。

c0078592_1720521.jpg
 そして、背後の建物や工作物は、明治9年から同21年に官費で造営されたものが殆どらしいのですが、神輿庫及び東西の御門は、旧幕時代の阿波藩主の寄進による物らしいということです。

c0078592_16455720.jpg

  境内地は、約1万5千坪で、沖積地にあって天然記念物の大楠など照葉樹林に覆われ、四季を彩る草木が繁茂する日本最古のお社であるそうです。


 そして、この大楠の木「夫婦大楠」と呼ばれ()も、元は二本の「楠」がいつしか根を合わせて一株に成長したもので、御神霊が宿り給う御神木と信仰されており、淡路の古地誌にも「連理の楠」と記されていました。

c0078592_16554661.jpg

 私が訪れた時も多くの方がここにお参りをされていました。この表神門、以前は随神門だったそうですが、明治16年(1883年)に現在の様式に改められたそうです。


c0078592_17244445.jpg

 拝殿は銅板葺入母屋造で、舞殿を兼ねています。
[PR]
by mitikusak | 2012-07-22 17:31 | たび日記