ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

ペピーノを育てる楽しみ

c0078592_22561960.jpg
 ペピーノは、ナス目ナス科ナス属の多年生の植物です。果実は多汁で甘く芳香があるらしく、生でスライスして食用出来るようです。
 この、ペピーノの原産地は南アメリカで、古代からアンデス山脈一帯の地域で栽培されているのだとか。チリやニュージーランドでも品種改良が行われてきたようです。


c0078592_22572013.png
 調べてみるとこのペピーノの語源はスペイン語で、ペピーノ・ドゥルセ(pepino dulce)と呼ばれ、「ペピーノ」は「キュウリ」、「ドゥルセ」は「甘い」という意味であるようです。また、英語でも、melon pear, pear melon, melonshrub, sweet cucumberとも呼ばれ、ペピーノの味香りキュウリメロン、ナシに似ていることから名づけられたというようです。

c0078592_22555463.png
 今年近くのお店で見つけ3本買い求め、今育てているのですが、現在わが家では茎は木化し、小潅木となり、葉は楕円形で互生、そして可愛い花は房状に10花程度をつけています。
 しかし、残念ながらそのうちの1~3個が結実をして後は実を付けません。
 その果実は漿果(液果)になるらしく、色はクリーム色で紫色の縦じまが入る品種が多い様で、その 品種にもよりますが、紫のしまが増え、ほぼ紫一色になったころが食べごろであると説明書きがありました。

 もうすぐその紫の縞模様が見えるかな?
そして、 メロンと洋ナシを足して2で割り、そして+@って、その味はどんな味なのかも待ちどおしくてとても楽しみです。
[PR]
by mitikusak | 2012-07-14 23:04 | ごちそう