ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

假屋崎省吾「うだつをいける」

c0078592_238233.jpgc0078592_23102777.jpg





c0078592_23132970.gif








 各界からの絶賛を受ける今注目の華道家・假屋崎省吾による、繊細かつ大胆な花の世界が
うだつの町並みで知られている脇町の吉田家住宅で今日から開かれている。
 吉田家住宅の各部屋それぞれの空間を使い、山から取ってきた、いろいろな木使用して、大胆かつ繊細に飾っている。
 今日は初日とあって報道陣の方や見物客で吉田家の前は大変混雑していた
c0078592_2316043.gif
c0078592_231126.jpg
吉田家住宅には、どうやって運びこんだのかと思うほどの木やたくさんの花が、運び込まれて飾られていた。

c0078592_0133464.gif
 また、オデオン座では假屋崎さん自身のいけ花実演会があり、サイン会があった。
豪華で派手なお花スタイルの印象がある假屋崎さんだが、親しみやすい人で、話をしながら花を生ける假屋崎さんは本当にすばらしい生け方をされている。
ホント花の色によっていろいろあるんですよね!愛情。。金運。。
 見ている人たちにも生けるポイント等をわかりやすく説明もしてくれた。
c0078592_072457.jpgc0078592_23551493.gif








c0078592_1272330.gif
 藍さんとサイン会の後、手打ち皿そば楽庵で出石そばを食べることにしたが、今日は少し寒かったので3人とも暖かいそばを食べた。それにしても藍さんの絞りの羽織は、一つずつ丁寧に絞った高価な羽織だ。
なんて言うのだろうか?あまり着物には詳しくないのではっきり覚えていない。
by mitikusak | 2009-01-29 00:48 | 今日のお気に入り