ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

七宝焼きに続き・・・

c0078592_20171217.jpg
手まりは、平安時代に中国より伝えられたといわれており、清少納言の枕草子にも遊ぶ事として、手まりが登場してくる。初め、貴族の間で使われていたまりも、その後は一般に普及し、わが国独特の美しい紋様が考案され、今日でも讃岐かがり手まりの技法の伝承されたものが全国各地で見られる。観音寺地方におけるまりは、草木染による木綿糸を用いて、染糸1本1本を針でかがりながら、20余種の模様を描き出す技法に特徴がありとても美しい。
c0078592_11165176.jpgc0078592_2019109.gif
 







c0078592_11222378.gif
 今年の体験ステイは終わったが毎年高松では荒木永子さんの讃岐かがり手まり体験教室28番が、まちかど漫遊帖の職人たちと出逢う旅の中にもあるらしく申し込みをしてみようと思っている。
c0078592_23291378.jpg

庵治石にさぬき漆器を塗って仕上げている



c0078592_23294128.jpg






さぬき漆の体験教室の20番はすでに申し込みを済ませているのだが、参加できるのかどうか、春にならなければ結果がわからない。
by mitikusak | 2008-12-12 21:15 | 今日のお気に入り