ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

カテゴリ:生活( 30 )

七五三を祝う

 今年三歳になった孫の七五三に「大麻比古神社」にお参りに行って来ました。
c0078592_22461193.jpg

 境内は大安とあって大勢の方が訪れて、親御さん達は可愛い子供たちの七五三を祝っていました。
c0078592_22473790.jpgc0078592_22475950.jpg
c0078592_22432186.jpg

c0078592_2325162.jpg

c0078592_233204.jpg

 また、拝殿には大きな天狗の面が掛けられており、最初時間に待ちくたびれ疲れたのか、ぐずって泣き止まなかった孫も、この大きな天狗のお面を見て思わず驚きのあまり泣き止んでしまいました。
c0078592_22552073.jpg

c0078592_2330567.jpg

 お祓いを受けた後、孫は千歳飴と記念品を貰い、とても喜んでいたようです。
c0078592_2322286.jpg

 その日の記念のお祝いを、鳴門市にある「ちょっとよっ亭」で、一緒にする事にしました。
 孫の喜んでいる姿が、心に残りとても印象的で、幸せな気分にさせてくれた一日でした。
by mitikusak | 2014-11-23 23:12 | 生活

ゆかい社中そらぐみ

 徳島・無人駅にある道具と喫茶の店「ゆかい社中そらぐみ」に赴きました。
c0078592_1435326.jpg

 お店の中からお茶をしながら、駅に入る汽車が見えるのです。(゜o゜)
c0078592_14264486.jpg

 驚くのはそれだけではありませんでした。
c0078592_14321587.jpg

 世の中には、多くのモノが溢れてる反面、その裏にはまた、多くのモノが捨てられていっています。
これも大量生産、大量消費、使い捨てという時代が生んだ弊害だということです。
 かつての日本は、そうでなく一つのモノを、使えなくなるまで使用目的を変えながら使っていたと言います。
 永く使う程に味わい深くなり、世代が変わっても使っていました。壊れても壊れても修理し直し使っていく生活でした。
c0078592_14325917.jpg

 それが、例え捨てることになったとしても、土に還るモノだったりします。自然が生んだモノを素材として使って、使う人に害を与えないモノを作っていたと思います。
 その当時は、現在とは違ってみんな知らず知らずのうちに、人間生活と自然が調和・共存した生活(エコロジー)を実践していたように思います。

 いま、地元の桶・樽製造会社で修行を積み、工場長を務めた原田啓司さんが、2012年10月、司製樽(つかさせいたる)を立ち上げたという事でした。
 その為か、司製樽さんの飯切り・桶がこのお店に並んで販売されていました。
c0078592_13562817.jpg

 突き詰めた使いやすさを中心に考え、どこよりも美しくと、まるで私たちの為に生まれた新しい飯切りと桶でした。(この品は2013年のグッドデザイン賞を受賞した品でもあります。)

 司製樽
 徳島県阿南市福井町古毛48-3
  電話 090-6281-6649

 ゆかい社中そらぐみ
 徳島県徳島市南二軒屋町1-1-29
   JR二軒屋駅内
 電話・FAX 088-612-8018
 

by mitikusak | 2014-07-19 14:24 | 生活

引きこもりと徘徊

c0078592_1917219.gif

c0078592_17211313.jpg


c0078592_17193170.jpg

by mitikusak | 2014-06-18 19:17 | 生活

カフェ・ケストナー

c0078592_2238240.jpg

 「カフェ・ケストナー」のケストナーって、なんだろう?
c0078592_22432535.jpg

 ドイツの児童文学作家「エーリッヒ・ケストナー(1899~1974)」の名前からだそうで、「子どもは宝であり、店にくると年配の方も若い方もいろいろなお客さまが来られ、珈琲を楽しんでいて、その中にお子様が入ることによって、子供もそれが社会勉強になると願うと共に、ヨーロッパのカフェのように何代も何百年も続く店になれるようにと願い」を込めて「カフェ・ケストナー」というを屋号を、オーナーが付けたのだとお店の方が教えてくれました。
c0078592_22415520.jpg

 お店の中には有名な著名人のサインの入った色紙が飾られていました。
 そして、ひと粒ひと粒丁寧にお店の方が珈琲豆をハンドピックして上質な豆のみを選んでいました。選ばれたえぐみのない豆は最大の珈琲の深い味を出すと言われています。
c0078592_22424097.jpg

 種類があまりにも多いので、選ぶのに困り何をオーダーしたらいいのか分からない私は、ケストナーブレンドをオーダーしました。やはりパティシエのハンドピックにより選びブレンドされたケストナーブレンドは、大変まろやかな口当たりで本当に美味しかったです。
c0078592_22442362.jpg

 住所 徳島市川内町大松255-3-11
 電話 088-665-7277
 営業時間 10:00~20:00
 定休日 水曜

by mitikusak | 2013-09-02 22:59 | 生活

初日の出を見る

吉野川の四国三郎橋とその東にある吉野川鉄橋を背景に初日の出を見ました。
今年はとても美しく見ることができました。
c0078592_11381255.jpg

c0078592_1145363.jpg

by mitikusak | 2013-01-01 07:36 | 生活
 今年は台風が6月に早くも日本にやって来た。この襲来は今から8年前にもあったとニュースでいわれ、まず6月のこんな時期に台風が来ることは珍しい事なのだとか!
 結局今日は外に出ることも叶わず家の中で何をするともなく過ごすことになりました。
c0078592_0113529.jpg
 あまりにも退屈だったので、以前買ってあった「世界最小級ブロックのnano block」をすることにしました!
 この「nano block」最少サイズで4×4ミリの小さな難易度レベル4の

浅草雷門」(言わずと知れたあの浅草寺の山門)でこの大きな門の正式名称は「風来神門」といわれ、吊り下げられた提灯の重さは約70キロもあるのだとか!
 今日の4号台風で、揺られて当ると危険だという事で、その提灯もたたまれていたのがテレビで写しだされていました。
c0078592_0152238.jpg

by mitikusak | 2012-06-20 00:19 | 生活
先日初めてギャラリーでお会いした方から大変珍しい変わったお野菜を戴きました!
 その名前「ロマネスコ」といいます!まるでドリルの塊?みたいですね!
c0078592_1964459.jpg
 カリフラワー ほど固くなく、食感はブロッコリー、味はアスパラに似ているのだと言っていました。
 カリフラワーとブロッコリーをかけあわせてできた、この「ロマネスコ」はその形がとても変わっていて、まるでフラクタル図形のような突起があります。
 
 ローマ近郊で開発されたので「ロマネスコ」という名前だそうで、ヨーロッパで広く流通しているようです。
 「ロマネスコ 」の食べ方は、ブロッコリーと同じ感覚で、普通に茹でて、サラダとして食べるのが一般的のようだとか。
c0078592_1993435.gif
 掛け合わせて新しく生まれた野菜のほとんどは、栄養価も高くて食べやすいものになって生まれているので「ロマネスコ 」も、見た目よりはきっと食べやすいんじゃないかな~(*^。^*)
by mitikusak | 2012-03-11 19:11 | 生活

我が家のクリスマス

c0078592_20283447.jpg

 今年はお正月は祝えない我が家。
 せめてクリスマスだけでもと・・・
 おじいさん、おばあさんが腰を掛けて




c0078592_20342861.gif

 そこには、今年の11月の末にシェーナで買ったお気に入りの「クリスマスツリー」と「クリスマスリース」をかけました。






c0078592_20294729.jpg

 そして、玄関を入ると高松のお友達のIさんから頂いた「みかんの炭」と「ジュズサンゴ」を置きました。
 この「ジュズサンゴ」とても可愛い花が2箇所から咲きました(^_^)v
by mitikusak | 2011-12-06 20:41 | 生活

台風15号の爪痕

c0078592_21583997.gif
 先日の台風15号は全国各地に大きな被害を残して、日本を去った!
 そのうち我が家の近く、石井のフジグランでも一階は水浸しとなり、一階に置いてあった商品は全滅だったという!
 前日に訪れていた私たちは、そのお店の様子もまだまだ記憶に残っているのが残念でならない。
 今徳島県の主要マーケットとなってにぎわい、訪れる方も多い、一日も早く正常復帰して欲しいと思うのだが・・・。
by mitikusak | 2011-09-23 22:12 | 生活

徳島阿波おどり空港

 2010年(平成22年)の4月8日 滑走路も2,500mに伸び供用開始されて、私は初めてこの「徳島阿波おどり空港」にきてみた。

c0078592_17424197.jpg


 旧のターミナルから東に更に車を走らせると新しい新旅客ターミナルビルの愛称、「徳島阿波おどり空港」が右手に見えてきた。
 空港の前には「阿波おどり空港」の名前の通り、阿波踊りをしている銅像が7体ほど造られており、まるで徳島へ来られる方や出ていく方の無事を祈っているようでもあった。


c0078592_17524642.gif


 展望デッキでも、徳島のLED発祥の地である照明が天井に3か所付けられており、飛行機やグランド作業を間近で見ることが出来るように固定橋の上に作られており、しかも全天候型で今までには無い展望デッキだと感動した!
 その光は、また、LED発祥の地、徳島ならではのLED照明での飾りつけもあり訪れた方々も感動の声を挙げていた。
 このデッキは利用料金が無料だというのも大変うれしいと感じた。
 またいつかこの空港を利用することもあるだろう!その時には迷うことなく来ることが出来る事だろう。
by mitikusak | 2011-02-28 18:09 | 生活

私のゆったり生活


by mitikusak