ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

顔の有るさるぼぼ?

 さるぼぼとは、飛騨高山の言葉で「猿の赤ん坊」という意味で、赤い顔と体が猿の赤ん坊に似ていることが由来となっているようでした。
c0078592_23455139.jpg

 「猿」という読みをかけて、「災いが”さる”」、「家庭”猿”満(かていえんまん)」、とか、厄除けや縁結び、女性の安産のお守りとしても、 さるぼぼは重宝されてるようでした。



c0078592_23471774.gif
 飛騨高山の「さるぼぼ」はお土産として観光客に有名であったので、私も自らのためと、友人のためにお土産として買って帰りました。「かわいい~」ってとても喜んでくれました (^^)
 今回私は、手作りでこのさるぼぼを作ってみました。
 身体は布きれを4角を糸で縫ってしぼり、テグスで一つずつ繋ぎ頭はふうせんかずらの実に細い油性マジックで眼を書き、それを頭としてボンドで引っ付けました。本当の所は本物のさるぼぼには目などはないのですがね(*^。^*)
 

 如何でしょうか??ふうせんかずらのあのハートの顔のような模様がなんとなく顔に見えてきませんか??
 この下に写しておいたのが、本来のお土産の飛騨のさるぼぼの本物です!

c0078592_23444731.jpg

 この写真は「さるぼぼの部屋に飾るさるぼぼのカラークラフトなんですが、試しに買ってみました。上から黄色が「金運向上、商売繁盛」(写っていない)、青色が「仕事・学業運」、」、ピンク色「恋愛運」、赤色「家族運」、黒色が「魔除、厄除け」、緑色が「健康運」ということのようです。

 「さるぼぼ」の色は以前は赤だけでしたが、今ではイエロー、ブルー、ピンク、グリーンなど、とてもカラフルな色がそろっています。大きさも、大小さまざまとなっていました。
by mitikusak | 2012-03-16 00:11 | プライベート

私のゆったり生活


by mitikusak