ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

阿波踊りの達人”四宮生重郎”氏

 その男が踊りに魅せられてから、60余年の月日が流れた。それ以来阿波踊り一筋に生きている。
 四宮生重郎氏は、80歳を過ぎているという。その彼は有名連「御茶平」の連長まで務めるが、突如自らの連「娯座留ござる)」を立ち上げる。
 以来、マンボからニューオリンズファンク、かっぽれからテキーラのリズムまで、そこに”リズム”さえあれば、彼は阿波踊りは踊れるという。
 ”阿波踊りの達人”と呼ばれている有名な方。
 彼は言う
阿呆で品良く。それが阿波踊りなんじゃ!」と・・・
c0078592_227183.jpg


 その阿波踊り界のスーパースターが、「世界一小さな美術館」に来られ、私は思いもかけず、その場で彼の素晴らしい自筆のサインの入った2枚の色紙を戴いた。
 おそらく宝物になるだろう!
 それにしても何と言う達筆なのだろう!お見事な筆である!




 左 「人生劇、飴とむち 和 怒真笑 報謝の心」と書いてある。
 正に私はその通りだと思った。
 
by mitikusak | 2012-02-23 01:11 | 今日のお気に入り

私のゆったり生活


by mitikusak