ひとりごと

mitikusak.exblog.jp

私のゆったり生活

青の美 大泉恵ガラスの器工房展

 吹きガラス、パート・ド・ヴェールで大変有名な大泉恵さんのアトリエは徳島市応神町、吉野川橋のすぐ北側、四国大学東隣にある。宮城県生まれの大泉さんが徳島にアトリエを開いたのは28歳の時で、それ以来この場所でずっとガラスを作り続けているという。
 大泉さんとの出会いは以前、香川県のファイヴ・ペニーズで、トンボ玉の体験教室を教えていただいた事から始まる。

c0078592_2174622.gif
 アトリエ横の展示室には、青一色の美しい空間が広がっていた。彼がガラスの魅力に取り付かれたのは、23歳の時、沖縄で琉球ガラスと出会ってからだという。現地の工房で4年間、修行時代を過ごし、その後独立し、結婚を機にこの徳島に移り住むことになった。

 吉野川の雄大さが気に入り、この場所にアトリエを構えた彼が、若い無名の作家がガラスで生計をたてられるようになるまで色々な大変な苦労があったらしい。     
 彼が作るコバルトブルーの器が次第に世間の評価を高めていくようになり、普通ならそれで満足するだろう。しかし、大泉さんは「作品はお客さん本意のもの」との信念を今も崩すことなく日々自己研鑽努力されてきた。

c0078592_2182410.gif
 彼が吹きガラスとともに取り組んでいるのが、伝統的なガラスの製法「パートドヴェール」という技法!石膏で作った鋳型(いがた)の中に細かく砕いたガラスを敷き詰めて、高温の釜で溶かしてからゆっくり冷やして固める方法だ。この方法だと、様々な形の作品を作ることができて、吹きガラスにはない独特の風合いが生まれるという。パートドヴェールの釜入れが行われる日は緊張すると彼はいう。
 ひと月かけて自ら削った石膏の型に細かく砕いたガラスの粒を敷き詰めて、陶器と違いガラスは、彼がイメージした通りの色と模様に仕上げることができるらしい。ガラスを並び終えると電気釜で数日かけて温度を1150度まで上げる。そして、一度に釜に入る作品は、小皿を除くと6個から8個程度しか出来ないらしい。温度はコンピュータで管理して、いちど扉を閉めると常温に戻るまで開けることは出来ず、後は待つだけだ。
この工房展は7月26日(日)まで、ガラスアトリエ・ケイで開かれている。
by mitikusak | 2009-07-21 21:14 | 今日のお気に入り

私のゆったり生活


by mitikusak